プレイズ新福島

プレイズ新福島

Quality

image photo

目に見えないところから
暮らしを支える、躯体構造。

Structure
構造

構造躯体等では「等級3」の劣化対策等級を取得

  • 基礎杭

    ボーリング調査で確認した地下の支持層に向けて、“場所打ち”コンクリート拡底杭を打ち込むことで建物荷重をしっかりと支え、不同沈下などを抑制します。(住棟のみ)

  • 対震玄関扉枠

    住戸玄関ドアとドア枠の間に、クリアランス(隙間)を確保。万ーの避難時を想定した対震枠によって、慌てることなく安心して外部に出られます。

  • 外壁・戸境壁

    躯体のコンクリート厚を、外壁約180㎜、戸境壁約220~250㎜に設定。外壁は断熱性や省エネ効果を高め、 結露の防止にも役立つ断熱層を設けました。

  • 溶接閉鎖型フープ筋

    柱の主筋は、継ぎ目のない溶接閉鎖型フープ筋で取り巻きました。建物全体の耐力的な粘りを強化し、地震時に発生する横方向の力に強い抵抗力を発揮します。(一部除く)

  • 防音サッシ(T2等級)

    住戸の窓には、遮音等級T‐2等級の防音サッシを採用しています。外部から伝わってくる音を抑えて、静かな住空間を叶え、室内からの生活音の漏れも抑制します。

  • 排水管の遮音対策

    パイプスペースや水廻りが居室に隣接する場合には、パイプスペースの周りにプラスターボードを貼り、排水管の遮音性を高めています。

  • 二重天井

    天井は二重天井とし、配管・配線スペースを設けました。将来的にリフォームやメンテナンスを行う際などにも、対応しやすい構造です。

  • ボイドスラブ工法・遮音フローリング

    各住戸の床は、約250㎜以上(水廻り200㎜・玄関220㎜)の床スラブとΔLL(Ⅰ)-4等級の遮音フローリングを採用。下層階に伝わる生活音を軽減することで、静かな住環境を守ります。

  • シックハウス対策

    健康で安全な空気環境を保つため、室内の仕上げ材やフローリングにはホルムアルデヒドなどの発生が少ないF☆☆☆☆の素材を使用。クロス接着剤もノンホルムタイプです。

TOP